第二章

5%の運のいい
絵描きだけが
できていた!?

〇〇〇〇〇が
身に付かずに
手癖だらけの絵しか
描けなくなる

たった一つの
《悲劇的な原因》を大公開!

こんばんは!あまるだです(^^♪

前回は、

『描き方本やお絵描き動画を
参考にしても絵は上達しない』

『模写練習をしていても
絵は上手くならない』

という衝撃的な
事実をお伝えしましたね。

前回の宿題で、みなさんに
アウトプットしていただきましたが

その中には

『自分も当てはまりすぎて辛い・・・』

『確かに自己流で描いてるけど
手癖だらけ・・・』

など多くの声を
いただきました。

今回の配信では、

上手い人を参考にするだけでは
絵の上達には繋がらない
衝撃の理由

そして、そこから抜け出すための
解決方法である

『あるコト』について
お話しします。

通常、絵を描かれる人は
上手い人の描き方を見て
参考にする人が数多くいますが、

9割の絵師さんは
顔や身体のバランスが悪く、
動きが固くてぺらぺらした印象。

模写は上手くてもオリジナルイラストが
一から描けない

コピぺ絵師止まりなのが現状です。

ではなぜ多くの人が
思うように描けないのでしょうか?

この上達できない原因を
今ここで知っておかないと、

半年、1年、3年と継続しても

絵を今より
上達していくことは無理でしょう・・・

仮に描けたとしても
初心者のようなのっぺりした
安っぽい絵です。

「なんで上手くいかない・・・?」

焦って闇雲に今のやり方を
継続すればするほど
方向性を失い、

上達に繋がらないことで
絵を描くことに嫌気が刺していき

絵を描くこと自体を
諦めることに。

本心では、
自分の絵をもっと評価されたい
という気持ちをひた隠し

自分よりいいねの多い絵師を
羨む日々を送る

自分で一から設定を
練って作ったキャラクター。

「いつか画力が上がったら形にしたい。」
頭の中でひたすら温め続けます。

キャラの魅力を大勢の人の目に触れさせ
惹きつけて夢中にさせたいと夢に思います。

しかし

結局一度も表舞台に出ることなく、
過去の記憶として
頭の片隅に消えていく・・・

『もしもあのとき諦めずに頑張っていれば』
と思いながらも

時間は止まりません。

何気ない日常生活を送っていても
浮かぶのは
形にすることができなかった構想

でも、一方で
もう描く気力が持てず

『もう一度時間が戻って欲しいな・・・』

と願う日々。

過去に後悔する日々を
ずっと繰り返し続けるなんて
想像もしたくありません。

ですが、

今回、あなたが上達できない原因を
知ることによって

イメージ通りの
魅力的なキャラクターを
量産していくための最重要
ポイントを掴めます。

これからは
描けば描くほど

絵の上達スピードが跳ね上がり
いいね数も右肩上がりに
伸びていくでしょう。

そうなれば、
絵を描くストレスとは無縁になり、
毎日描くのが楽しくてしょうがなくなります。

もう無意味な練習を
しなくていいんです。

上達のための練習をする日々から
完全に開放され

素敵なキャラクターが
思いっきり描ける!

あなたの心から描きたいものを
好きなだけ描ける楽しい人生に。

あなたの描きたいものを
思いっきり描いて良いんです。

自分のイメージをどんどん実現し
毎日満たされたハッピーな生活を
手に入れるためにも

今回のテーマである

“上達できない最大の原因”

これをしっかり学んで行きましょう◎

そろそろ準備はいいですか?

そのぐらい大事なことを
これからお話しします。

では、いよいよ本題に入りましょう!

ほとんどの人が知らない
上達のための本質

現状のあなたは
イラストが思うように
上達できていないのではないでしょうか?

わたし自身も初めは全く同じで
何年も伸び悩んでいました。

ほんと・・・
よくそれで辞めなかったねって位です。

とにかく絵の参考書やポーズ写真集を
本屋で片っ端から購入して、

本一冊をまるごと模写していました。

スケッチブックの白紙を埋めていくほど
「こんなに描いたんだ」と満足しても

その割には
全く上達した気配がない。

「結局今年も成せなかったな・・・」

と月日だけが流れていきます。

自分の作品を何も描けないまま
歳だけを重ねるたびに

ズキズキと痛みに近い
焦りと不安が日に日に
大きくなっていました。

「きっとこの状態になっているのも
練習量が足りないからなんだ・・・」

そうやって自分のせいにして
余裕のない日々を送る。

いつの日か
イラストを描く楽しさが消えてました。

「このまま自己流で続けていても
上手くなるなんて一生無理だ」

そう思ったわたしは
ネットで知り得た
有名なイラストレーターが配信する
お絵描き動画をみて勉強することにしました。

しかし

その内容はどうも
最初からある程度描ける前提なのです。

動画配信者が自分のイラスト
メイキングを見せながら

「このテクニックでキレイな
線画や塗りが手に入ります」
と言っても

今のわたしは顔の輪郭や
髪の毛すら描けない有様。

人間一人満足に描けません。

そのテクニックがどんなにすごくても
今のわたしのレベルが低すぎて
まったく参考にならない。

「理解できないわたしが悪いのかな・・・」

それでも諦めたくなかった。

諦められなかったのは
やっぱり、絵を描くことが
好きだったからだと思います。

でも、成果が出ない状態が続いて
焦りや不安が日に日に
大きくなっていました。

だから、あなたの気持ちは
痛いほどわかります。

でも、ある時気づきました。
描き方を参考にするだけでは

上達できない理由が
あるんじゃないかって。

気付いたからこそ伸びた。
そのぐらい重要なお話です。

そう、その原因は
もう簡単に一言で
言ってしまえば

あなたに
『デッサン力』

つまり
『絵を描くための基礎』
が不足しているからです。

もう一度繰り返し
お伝えします。

あなたが
『絵が上手くなりたい!!』
と本気で思っているなら・・・

『デッサン力』
を身につけないと
一生上達できません!!

これが、前回の配信の最後で
お伝えしたかった

絵が上達するためには

『○○○○○』の部分です。

つまり、上達するには
デッサン力が必要!
ということです。

でも、あなたはこう思うかも
しれないですね。

『絵が上手くなるのになぜ
デッサン力が必要なの?』

『ネットで模写が一番上達する方法だって
書いてあるのに?』

『なんでそんな回りくどいこと
しなくちゃいけないの?』

大丈夫です。
わたしもそう思っていました。

ただ、実際にSNSを
運用していて気づきました。

「みんな本当に
知らないんだな・・・」と。

わたしの見ている限り、

この絵を描くための基礎を
本当に理解している人。

それを実践レベルで
反映してしている人は

ごくわずか。
1%もいないレベルです。

『じゃあその具体的に上手くなるための
“デッサン力”って何なの?』

と思われるかもしれません。

基礎と言っても
様々あるのですが

あなたがこの先、
初心者絵描きから脱却するための

一番重要なことを
ズバッとお伝えしますね。

絵が上達しない最大の原因

『テクニック』ばかり
磨いているから

肝心な『基礎』の部分が
身に付いていない

そう。あなたは『基礎』が
不足しているんです・・・

一体どういうことか
説明しますね◎

ほとんどの人は
上手い人の描き方を見ながら
絵を描きますよね。

上手い人の「描き方」を参考にすれば
自分も上手くなれる!

って思うじゃないですか。

でもちょっと冷静に
考えて見てください。

たとえばネットで
「顔の描き方」と検索すれば

「顔の描き方」の情報が
無数に出てきます。

しかし

この『描き方』を知ってるだけで
キレイな輪郭が描けるでしょうか?

また仮に見本そっくりに写せたとしても

顔にはさまざまな向きが存在し、
角度によって描き方が違ってきます。

自分で一から絵を描くとなったとき
応用が利かない。

つまり顔の描き方を練習するというは
「基礎」ではなく「テクニック練習」

すでに基礎が身に付いた人がやる
練習法なんです。

スポーツに例えて

説明しますね!

あなたが「テニスを始めたい!」と思い、
スクールに通い始めました。

初心者のあなたは最初に
どんな練習をさせられますか?

間違いなく
ラケットの持ち方や素振り練習ですよね。
最初はテニスの正しいフォーム
身につけます。

いきなり一流のスポーツ選手の試合を見せられ

「これをやれ」と言われても

すぐにできる人はいませんよね。

素振りで同じ動作を何度も繰り返させ
正しいフォームを身につけていきます。

こうした基礎ができて
初めて球が打てるようになります。

それと全く同じです。

きちんと基礎ができていなければ
イメージ通りの絵を
描いていくことは不可能。

基礎を無視して
上手い人のやり方を
聞きかじっただけで

仮に描けたとしても
間違いなくそれは
ただの付け焼き刃です。

それを基礎が身に付いていない
あなたがしていたら

どうなるでしょうか?

上達できないばかりか
変な手癖がついてしまいます。

さらに、もう一つ盲点が。

模写はすでに完成されたお手本を見て
それと同じ絵をただ描けばいいんです。

あなたは見本そっくりに
描き写せばいいだけなので

「とにかく模写をやり続ければ
上達に繋がるはず・・・!」

という考え方になり、
他人の描いた絵をコピペすることにのみ
心血を注いでしまう

どんなに時間をかけても
そっくりに描き写す技術しか得られない。

ただ、何も考えずに
描き写すだけの作業になっている状態なんです。

当然、他人のイラストを描いているだけでは
自分が本当に描きたいもの

オリジナルイラストを描けませんよね。

一方で、模写をして
上達している人もいるのも事実です。

その人たちを見ると、
模写だけに頼るのではなく

実は絵を描くための基礎を
しっかりと身につけています。

模写で上達する人は、

そもそも絵を描くための『基礎』が
しっかり身に付いていて

模写で取り入れた
「応用」の使い方を
自分の基礎をもとに組み立てて
活用していけるんです。

そうなれば、画力が向上し

説得力のあるイラストが
描けるようになります。

さらに他の作者の作品も模写して
良いところを吸収し続け

自分の絵柄を
確立できるようになるんです。

そして、そういう模写で
上手くなった人を見れば

模写だけで上手くなれると
勘違いしてしまいます。

しかし、実際には
基礎が身に付いてないために
模写をどんなにしていても

上達することができないんです。

また、模写では上手く描けるのに
自分で一から描こうとすると
素人レベルのものしか描けない。

これでは絵を描くのを
諦めてしまうことにも
繋がりかねません。

これは、決して
模写が悪いといった話ではなく

基礎を習得しているかしていないか
だけの違いです。

だからあなたも
基礎を身につけて

絵が上達していきたいのであれば

描き方のコツやテクニックだけに
頼り続けるのではなく、

しっかりとデッサン力をマスターして
絵を描くための土台を固めていく
必要があります。

土台がしっかり身に付くと
上達も早くなります。

そうなると、あなた自身も
自信が持てるようになり、

絵を描くのがもっと楽しくなります。

それがまた
絵を描くモチベーションになり

どんどん新しい構図に
チャレンジすることができます。

とはいえ、デッサンというと

日本人は漠然となぜか
『画家がするもの』と捉えがちです。

でも決して
敷居が高いものではありません。

むしろイラスト初心者に
“必須のスキル”なんです

わたしはこの『基礎』の力を
身につけただけでも

「絵が上手くなった」と
褒められるようになりました。

自分の描きたいものを
正確に描写する力が
確実に身に付く方法

顔のパーツがどの位置にあるか理解し、
いろんな角度から立体的な顔が描ける方法

人体の構造・比率を理解し、
バランスの取れた身体を描く方法

パース(遠近法)を理解し、
奥行きのある顔や身体、背景を描く方法

光と影の入り方を理解し、
立体物を描けるようになる方法

これを一から徹底的に勉強し、
基礎から着実に身につけたんです。

その結果・・・

今まで闇雲に練習しても
まったく上達できなかった自分が

デッサンを学び始めて
半年で

自分の思い描いた空想を1枚の紙の上に

再現することができるようになりました!!

変えたことは、
基礎を身につけただけです。

あ、ちなみに、デッサンと言っても

・目の前のりんごや卵を描く
・実物の人間をモデルに描く
・石膏像を描く

なんて誰にでも想像がつきそうな
ことではないです。

デッサンの基礎の基礎。

わたしも散々経験しましたが、
ただ目の前のものを似せて写すだけでは

思い通りに描いていくことは
不可能に近いレベルです

もし、それだけで上達できれば
今頃、「神絵師」は巷で
溢れかえっているはずです。

ちなみにデッサン力、
つまり「絵を描くための基礎」を
身につけるには

あなたの『デッサン』に対する
概念をガラッと180度
変えていかなければなりません。

そして、
もしあなたが正しいデッサンの基礎
だけでも身につけたとしたら

10年やってもイラストが
伸びないという

悲しい結果は避けることが
できるでしょう。

つまり、しっかりやって
身に付いたらどうなるかというと

結果的にあなたの画力は
まず間違いなく上がっていくでしょう。

あなたが思い描いている理想が
まず間違いなく現実可能に
なるでしょう。

『でも具体的にどういう方法で
やればいいかわからないです・・・。』

もしかしたらそんな風に
思いましたか?

でも大丈夫です。

その辺もこれからの配信で
一つ一つわかりやすく
ちゃんとお伝えしていきます。

模写を描き続けても
 絵が上達しない原因は

『デッサン力』
が不足しているから

模写はそっくりに描き写す技術

自分の描きたいものを、
自分の力で、
自由に描く力は身に付かない

あなたが上達するためにまず必要なのは
 基礎の『デッサン』スキルを身につけること

つまり、“デッサン力”さえ
じっくり確実に習得してしまえば

上記の問題点は自然に
解消されますよね。

そう、イラストが
上手くなるという意味は

デッサン力がある
と同じ意味なんです。

では、なぜあなたは
そんなに大切な

『デッサン力』

つまり基礎を、今まで
知らなかったのでしょうか?

それは、世に出回っている
イラスト系のインフルエンサー達が、

YouTubeやブログなどで
「この描き方を参考にしよう!」
「模写だけしていれば上手くなる!」

と発信ばかりしており、

絵を描くための基礎を固めることが
必要だということを
教えなかったためです。

さらに、
模写は初心者でも
簡単に達成感を味わえるので、
上手くなった気になってしまいます。

これが結果的に
「インフルエンサーの
言っていることは正しい!」と

信じてしまうイラスト初心者さんが
後を絶たないんです。

これも大きな原因の一つです。

ですが・・・

今まで全く上達の芽も
出なかったわたしでも

たった1か月で
自分に自信がついたのは
言うまでもなく

わたしが講師から
『絵を描くための基礎』を
教えてもらえたからです。

正直わたしは、
かなりラッキーでした。

運が良かったとしか
言いようがありません。

そして・・・

今この記事をお読み
いただいているあなただけに。

わたしが人生最高のチャンスを
お伝えいたします。

『絵を描くための基礎』を・・・

次はあなたが知る番です!

わたしがここまで熱心に
あなたにその重要性を

お伝えしてきたのは
しっかりと理由があります。

それは、まさにこのわたしが
これからあなたに向けて。

『絵を描くための基礎全て』
を伝授しようと考えている

からなのです。

わたしは、あなたが
知っているようで全然知らなかった

『画力向上に直結する
デッサン基礎トレーニング』

今、あなたのために
これを伝えようとしています。

子どもの頃から絵が下手だったわたしが
今ではイラストレーターとなり
人に絵を教えられる立場にまでなれた

絵を描くための基礎の全て。

それをあなたに
お伝えするための

新プロジェクトの概要は・・・

『デッサン基礎力』
完全マスター!

画力向上のための土台づくり
超極秘カリキュラム!

公式LINEでも
お伝えしましたが、

この壮大なプロジェクトを、
今わたしは、心を込めて
作り上げているところです。

もしあなたが
本気で絵が上手くなりたいと
思うのならば

どうかわたしを信じて
ついてきてください。

プロジェクトは近日発表予定です。
楽しみにしていてくださいね◎

【次回予告】

自分の絵に
全く自信が持てず
絶望していたわたしが

デッサン力を手にして
人生が変わった話。

もちろんあなたが自分自身で
失敗を重ねることも大事ですが、

他人の失敗を知り、
その過去から学ぶことは

あなたの成長スピードに
大きく影響します。

ぜひわたしの経験を元に、
あなたがまた一歩先に
進んで行けたら。

わたしは心から発信をして
よかったなと思えます。

明日の8時
配信予定

************

本日のワーク

************

目標の絵師さんはいますか?

よければパッと思いついた方を一人、

公式LINEに書き込んでみてください!

『すぐ行動する、すぐやる人』

こう言った
言われたことを素直に実行できる方は
絵も最短距離で上達していけます!

ここまで言っても

この『宿題』を実際に
やる方はたった2割

たった10秒です◎

あなたはその2割の中に
ぜひ入りましょう!

ではまた明日の8時に!
配信お楽しみに

一緒に頑張りましょう(#^.^#)

あまるだ

タイトルとURLをコピーしました